信じることの意義

| コメント(0) | トラックバック(0)

例えば、金銭のやりとり。
キャッシングや、銀行これらでお金を借りる場合、
在籍確認があると思いますが、嘘情報を記載してしまうと
信用をなくし借りることができなくなります。
返済するにしても期日通りに返してくれる人は
やはり信頼され次も貸してもらいやすくなります。

人は日々生活していく上で裏切りと信用を得ながら生きていきます。
人間は動物と違い、言葉や会話を巧みに扱うことが可能な生き物ですので、
人として生きていく上で交流は必要不可欠なものになります。

そんな人同士を繋げているのが信用と呼べる二文字であり、信頼関係になります。
人間は必ずしも誰かに手助けをしてもらわないと、生きて行けず、
決して一人で生き抜くことは出来ません。

そのため、悩み事や何か問題があった際などは誰かに頼ったりしますが、
時には裏切られてしまうことも少なくありません。
むしろ裏切られることの方が多い人もいらっしゃいます。

それでも誰かを信じていかねば生きていけないばかりではなく、
信じることに意義を感じる人は確かに存在します。
裏切られることの方が多い人生であっても、
誰かに信用されたり頼りにされることは、非常に意義を感じる生き方になります。

中には金銭目的で近付いてくる人や、
裏切ることを前提として甘い言葉を使い誘う人もいらっしゃいますが、
日々真面目に精進していきていれば、必ず誰かが認めてくれるでしょう。

また、その姿を見て家族は安堵するばかりではなく、
同じような人間になりたいと憧れを持つ人も現れるかもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sovereignbankarena.com/mt-tb.cgi/7

コメントする